きゃりこんの御朱印ブログ

ご縁あって参拝させていただいた素晴らしい神社・仏閣(主に東京周辺が多いです)について綴ります。もちろん、個性豊かな御朱印も掲載!

奈良/京都(南山城) お寺めぐり♪ part.3<岩船寺>(京都府木津川市)2019/3/30

コスモス寺「般若寺」の次は、京都に入りアジサイの名所「岩船寺」に訪れました。
この地域は南山城(みなみやましろ)と言われるエリアで、奈良県との県境付近に位置します。
 

<この日巡ったルート>

「白毫寺」→「般若寺(奈良)」→岩船寺(京都)」→「浄瑠璃寺(京都)」です。

※前回の「般若寺」の記事は↓ 

cocc-rg.hatenablog.jp


岩船寺」も四季を通じて様々な花が咲くお寺で、殊に梅雨シーズンにはアジサイの名所として有名なお寺です。また、こちらのお寺も真言律宗のお寺で御本尊は阿弥陀如来さまです。 

 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

石段の先に山門が見えます。(右手の建物は受付)

f:id:rgcocc:20190403211333j:plain


「山門」です。

f:id:rgcocc:20190403211418j:plain



山門を入ると右手に「本堂」。
岩船寺も多くの仏像がおわします。やはり目を引くのが、御本尊の阿弥陀如来。像高約3メートルのケヤキの一木造り!大きさでまずインパクトがあります。行基作と伝わり、平安時代(10世紀中頃)のものだそうです。その周りには鎌倉時代の四天王。
御本尊の裏側には、これまた大変多くの仏像がおられます。元は三重塔内に納められていた藤原期の普賢菩薩騎像、ちょっと可愛い体型の十二神将(室町)、不動明王など、とても多くの仏さまにお会いできますよ!

f:id:rgcocc:20190403211454j:plain

パンフレットのお写真です。

f:id:rgcocc:20190403213132j:plain



境内は、「三重塔」や「十三重石塔」「石室不動明王立像」など重要文化財のオンパレードです!

まずはこちら。
「三重塔」。さきほどの普賢菩薩さまは、以前はこちらにおられたのですね。

f:id:rgcocc:20190403213238j:plain

パンフレットの解説で知りましたが、四隅の垂木を支える隅鬼<天邪鬼>がいます!かわいい!

f:id:rgcocc:20190403214331p:plain


三重塔と本堂。

f:id:rgcocc:20190403213318j:plain


三重塔の先に「鐘楼」があります。報恩の鐘、と書かれています。

f:id:rgcocc:20190403213506j:plain


十三重石塔」と三重塔。

f:id:rgcocc:20190403214426j:plain


「石室不動明王立像」。

f:id:rgcocc:20190403214541j:plain


こちらには「厄除け地蔵菩薩」さまがおられます。

f:id:rgcocc:20190403214613j:plain


五輪塔」。

f:id:rgcocc:20190403214658j:plain


「開山堂」。

f:id:rgcocc:20190403215006j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

本堂内でいただけます。こちらでも2種拝受いたしました。
御本尊「阿弥陀如来」さま。

f:id:rgcocc:20190403210014j:plain


普賢菩薩」さまの絵入り御朱印

f:id:rgcocc:20190403210048j:plain

※ネット情報ですが、秘仏特別開帳時などには、また別の種類の御朱印がいただけるようでした。
 

アジサイはオフシーズンでしたが、御本尊の大きな阿弥陀如来に圧倒され、また、大変多くの仏像を拝見することができ、とても感動いたしました。境内も重要文化財のオンパレードで、大変見所の多いお寺だと思います。是非お花の綺麗なシーズンにもお参りしたいものです♪

なお、2019年4月1日~5月31日まで秘仏特別公開が実施されており、「如意輪観音」「弁財天」「羅刹天」を見ることができるようです。また、4月27日~5月6日には三重塔初層特別開扉があるよう(公式サイトのお知らせ→秘仏特別公開及び三重塔初層特別開扉 | 岩船寺なので、連休を利用してお参りしてはいかがでしょうか!?

それでは、今回はここまで。次回は奈良/京都 お寺めぐりのラストを飾る「浄瑠璃寺」です!

岩船寺>寺院情報

【宗派】
真言律宗

【御本尊】
阿弥陀如来

【公式サイト】

gansenji.or.jp

 

御朱印まっぷ】