おまいりさんの寺社巡りと御朱印ブログ

ご縁あって参拝させていただいた素晴らしい神社・仏閣(主に東京周辺が多いです)について綴ります。もちろん、個性豊かな御朱印も掲載!


五龍神がおわすパワースポット田無神社におまいりしましたpart.1(東京都西東京市)2022/5/28


五色の龍神がお祀りされており、パワースポットとしても人気の田無神社。
鎌倉時代の13世紀に創建されたとされ、もとは「尉殿大権現」と呼ばれていました。「権現」ということで「仏の仮の姿」。神仏習合の考えですね。
この尉殿大権現は明治の神仏分離まではすぐ近くの西光寺(現総持寺)が別当を務めており、倶利伽羅不動明王像(龍神)を御神体としてしていたそうです!私の大好きなお不動様ゆかりだったとは!
実際、ご本殿には、(当時のものではないと思いますが)剣に龍が巻き付いた倶利伽羅龍が安置されているなど、しっかりと名残がありました。

その後、尉殿大権現は明治初頭に「田無神社」に社名を変更。その際に、大国主命須佐之男命、応神天皇など、さまざまな神様をお祀りたということです。

田無神社は境内はそれほど広大ではないですが、さまざまな境内社があり大変見どころが多い神社です。また、御朱印やお守りなどの授与品も充実しており、とても楽しく参拝できました。

結構画像がたくさんあるので、田無神社の記事は2回に分けて掲載します。今回の記事では、メインとなる五龍神がお祭りされているお社と、いただいた御朱印を中心にご紹介。次回の記事では、その他の境内社やいただいた授与品、御朱印帳などをご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

 


それでは、早速境内のご紹介を!

f:id:rgcocc:20220110103100j:plain

▼本殿近くに境内図がありましたのでまずはこちらを。



田無駅からてくてくと徒歩で6〜7分。通り沿いに鳥居が。



▼木で隠れ気味でしたが、社号標です。



▼鳥居をくぐって参道へ!木々に囲まれた清々しい空間です。



▼手水の手前に道祖神様。



▼こちらが手水です。こちらで心身を清めましょう。



▼お花が綺麗に整えられていました!癒されますね〜。



▼いよいよ本殿へ!6月30日(2022年)まで茅の輪が設置されています。罪・穢をお祓いしましょう。



▼ご本殿です。こちらに五龍神の「金龍」が祀られています。



▼彫刻が大変見事です!



▼社殿に倶利伽羅龍様がお祀りされています!



スポンサーリンク

 

 


▼ご本殿脇の銀杏御神木。とても立派でパワーを感じる御神木です!



▼今回は、ご本殿(金龍)以外の五龍神がおわす境内社を紹介していきます!こちらが「黒龍」。北方のご守護で健康祈願・家内安全のご神体となっています。



▼「青龍」。東方の守護で、技芸向上・就業成就となっています。



▼「白龍」は西方の守護。良縁と金運向上です。



▼最後の「赤龍」は南方の守護で、学業成就・勝負運・出世運のご利益。


それでは最後に御朱印のご紹介をして、この他の境内社やいただいた授与品、御朱印帳などのご紹介は次回の記事にて!

スポンサーリンク

 

 


f:id:rgcocc:20220110103110j:plain

▼参道を進み手水舎を越えたあたりの左手の建物で御朱印がいただけます。



▼こちらが通常の御朱印



▼書き置きの御朱印もいくつかあります!こちらは五龍神の御朱印



▼こちらは季節の御朱印

 

スポンサーリンク

 

 


f:id:rgcocc:20220110103129j:plain

<田無神社>神社情報

f:id:rgcocc:20220110110248j:plain

級津彦命(しなつひこのみこと)

級戸辺命(しなとべのみこと)

大国主命


f:id:rgcocc:20220110110233j:plain

tanashijinja.or.jp

 

f:id:rgcocc:20220110110312j:plain