きゃりこんの御朱印ブログ

ご縁あって参拝させていただいた素晴らしい神社・仏閣(主に東京周辺が多いです)について綴ります。もちろん、個性豊かな御朱印も掲載!

摩利支天徳大寺&護国院にお参りしました〜♪(東京都台東区)2019/8/11

8月の猛暑の中、上野の東京国立博物館へ「奈良大和四寺のみほとけ」展(2019/6/18〜2019/9/23まで開催)に行きました♪
その前に上野周辺でお参りを!ということで、御徒町駅のあたりで電車からも見える「徳大寺」に初参拝。また、東京国立博物館の近くにある「護国院」に2度目の参拝をいたしました。

※前回の「護国院」参拝寺の記事は↓  
cocc-rg.hatenablog.jp


※上野の「寛永寺」参拝寺の記事は↓
 
cocc-rg.hatenablog.jp

 

では早速参りましょう!

この日は大江戸線上野御徒町駅で下車。改札を出たあたりで、徳大寺の広告がふと目に入りました。これはお参りするご縁かな〜、ということで急遽参拝することに!
 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

上野御徒町駅から地上に出て徒歩1〜2分。飲食店などのお店が立ち並ぶ路地に早速目に入りました。「摩利支天」の看板と、法華経の四菩薩の一尊「浄行菩薩」さま。たわしが置いてあり、患っているところを洗うことで、穢れを除くといったご利益があるようです。浄行菩薩は、日蓮宗のお寺でよくおみかけする仏様ですね。
f:id:rgcocc:20190812091021j:plain

浄行菩薩さまのお像からすぐ。お寺の石段が見えてきました。(人通りが多く、写真撮るのにちょっと苦労しました笑)。
f:id:rgcocc:20190812091223j:plain


石段の先がご本堂。正面に大摩利支尊天、その左側に日蓮聖人、右側に鬼子母尊神が祀られています。こちらの摩利支天像は聖徳太子の御作といわれているようです!摩利支天は仏教を守護する仏(神)さまで、厄除け・開運・招福などのご利益があるそうです。
また、お堂入ってすぐ左手にも浄行菩薩がおわします。
f:id:rgcocc:20190812091338j:plain


境内には「力の亥」。摩利支天様が猪の背に立っている姿から、十二支の亥の日が御縁日とされています。このイノシシ像、触れることでご利益が得られるとのことですよっ!f:id:rgcocc:20190812093229j:plain

力の亥のならびには、「日蓮聖人」、「七面大明神」、「縁結び地蔵尊」がおわします。
f:id:rgcocc:20190812093808j:plain

逆サイドから。大変穏やかで優しいお顔のお地蔵様ですね。
f:id:rgcocc:20190812093926j:plain

その向かい側に石橋稲荷さま。
f:id:rgcocc:20190812094032j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>
 お堂内の右手奥でいただけます。「摩利支天」。
f:id:rgcocc:20190812094129j:plain


徳大寺をあとに、国立博物館方面に。水分補給をしながら、徒歩20分ほどで「護国院」に到着しました。
 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

山門です。
f:id:rgcocc:20190812094419j:plain

入って右手に手水舎があります。
f:id:rgcocc:20190812094530j:plain

こちらで身を清めましょう。
f:id:rgcocc:20190812094552j:plain

正面が本堂。
f:id:rgcocc:20190812094612j:plain

歴史を感じる建物です。江戸期のもので290年の歴史があると、お寺の方にお話いただきました。扁額も渋いですね〜!
f:id:rgcocc:20190812094726j:plain


2度目の参拝でしたが、ここは本当に堂内の仏像群がすごい。大変多くの仏像がおわし、都内のお寺でここまでお近くで拝見させていただけるところはなかなかない、というぐらいです!お寺の方と色々お話をしましたが、先代のご住職の頃から、広く民衆に親しみを持って接してもらいたいというお考えで、お堂をオープンにしているそうです。
堂内中央に、釈迦三尊。その前には大黒天様。
お堂の左手側は、千住観音を中心に、如意輪、虚空蔵、勢至、元三大師、不動明王三尊、准胝観音さま。
お堂の右手側は、金剛夜叉明王阿弥陀如来大日如来持国天薬師如来毘沙門天、弁財天、地蔵菩薩、その他閉じられたお厨子がいくつか・・・。そのほかには天井近くに1300躰を越える千体仏がおわします。この千体仏、不思議なことに3.11の地震の時も倒れることがなかったそうです!
とにかく、大変多くの仏像を拝見することができ、仏像ファンにもオススメのお寺ですよっ。
f:id:rgcocc:20190812094703j:plain


境内には「楽堂」。神社の神楽殿のような?お堂があります。
f:id:rgcocc:20190812094808j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

本堂内でいただけます。「釈迦如来」。
※特に申し出なければ「大黒天」さまの御朱印がいただけますが、今回はご本尊の御朱印をお願いしました。
f:id:rgcocc:20190812095043j:plain

※以前いただいた「大黒天」さまの御朱印はこちら。
f:id:rgcocc:20190812100948j:plain

今回は以上です!
何だかんだ約2ヶ月ぶりの寺社めぐりとなりました(今回はお寺だけですが…)。
この日はとても暑くて、本当に汗だくになりながらの寺院めぐりとなりましたが、いただいたことのない「摩利支天」さまの御朱印をいただけましたし、久しぶりの護国院では多くの仏様を拝見することができ、とても癒される時間となりました。特に仏像ファンには本当にオススメのお寺ですよ〜。
 

<徳大寺>寺院情報

【宗派】
日蓮宗

【御本尊】
曼荼羅

【公式サイト】

www.marishiten-tokudaiji.com

 

<護国院>寺院情報

【宗派】
天台宗

【御本尊】
釈迦如来 

【公式サイト】

www.tendaitokyo.jp

御朱印まっぷ】

阿佐ヶ谷神明宮で<大祓限定御朱印>をいただきました〜♪(東京都杉並区)2019/6/16

この日は、高円寺駅周辺の神社を2社巡った後、少し足を伸ばしてお気に入りの「阿佐ヶ谷神明宮」にお参りしました。
前回お参りしたのは2019年5月1日の改元の時だったので、約1ヶ月半ぶりの参拝です! 

※「阿佐ヶ谷神明宮」の前回参拝時の記事はこちら↓

cocc-rg.hatenablog.jp


では早速いきましょう〜♪
前回の記事と似たような画像しか撮れておらず笑、今回は少々簡潔な感じですがご容赦を… 

<画像でご紹介〜神社の様子〜>

阿佐ヶ谷駅から徒歩数分で到着します。
f:id:rgcocc:20190616231714j:plain

鳥居をくぐると右手に手水舎があります。
f:id:rgcocc:20190616231758j:plain

阿佐ヶ谷神明宮は本当に気持ちいい空気に満ちています!
f:id:rgcocc:20190616231917j:plain

緑が美しい…
f:id:rgcocc:20190616231943j:plain

拝殿です。このあたりの御神域感が本当に好きです。
お写真は控えていますが、この奥の御本殿のエリアは、ずっと眺めてしまうような素晴らしい空間です。
f:id:rgcocc:20190616232022j:plain

拝殿側から見たご神門です。
f:id:rgcocc:20190616232144j:plain

<画像でご紹介御朱印〜>
今回いただいた <大祓限定御朱印>はこちら!
f:id:rgcocc:20190616230738j:plain

今回、御朱印をお願いした際に、「人形」を渡してくださいました!
まさに↑の御朱印画像の右下にあるような人形の紙ですが、その人形に
1、名前と年齢を書いて、
2、体をなで祓い、
3、息を3回吹きかけて、箱の中にお納めしました。

6月28日に行われる、罪・穢れを祓う夏越大祓式で祓い清めていただけるようです!これは予想していなかったのでとても嬉しかったです(笑)。
f:id:rgcocc:20190616232237j:plain


さて、今回は以上です。
この日は近くまで来たので何となくふらっと参拝に立ち寄った、という感じでしたが、図らずも限定の御朱印をいただけ、人形もお納めすることができ、とても嬉しい参拝となりました。これもありがたいご縁ですね〜。
 

阿佐ヶ谷神明宮>神社情報

【ご祭神】
天照大御神

【公式サイト】

shinmeiguu.com

御朱印まっぷ】

高円寺の氷川神社<気象神社>と馬橋稲荷神社にお参りしました〜!(東京都杉並区)2019/6/16

高円寺で2ヶ所、神社めぐりをしました〜♪
最初にお参りしたのは「高円寺氷川神社」。敷地内には気象の神様・八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀った「気象神社」がある神社です。月替わりの御朱印も人気ですね!
2社目は「馬橋稲荷神社」。龍が巻かれた鳥居が印象的で、また、パワースポットとしても有名な神社です! 

さて早速、「高円寺氷川神社」のご紹介を〜!

<画像でご紹介〜神社の様子〜>
高円寺駅の南口から徒歩2分もあれば到着します。こんな駅前にあるとは思いませんでした笑
f:id:rgcocc:20190617221025j:plain


鳥居をくぐって右手に手水舎があります。
f:id:rgcocc:20190617221306j:plain

こちらで身を清めましょう。
f:id:rgcocc:20190617221332j:plain

 

鳥居を入って正面が拝殿です。落ち着いた雰囲気の建造物です。
f:id:rgcocc:20190617221226j:plain


また、氷川神社の入り口を入ってすぐ左手に鳥居があり、こちらが「気象神社」の入り口になっています。
f:id:rgcocc:20190617221544j:plain


この奥が気象神社の社殿です。
f:id:rgcocc:20190617221620j:plain


その奥には氷川神社末社が並んでいます。お稲荷さんがお祀りされています。
f:id:rgcocc:20190617221706j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>
拝殿に向かって右手側にある御朱印授与窓口で直書きでいただけます。書置きの御朱印は奥の社務所窓口の方でいただけます。
6月の御朱印は、見開きで右側に氷川神社、左側に気象神社御朱印を書いていただけます。(どちらか一方でもいただけます。)その時の天気によって中央左の天気マークが変わるようです。この日は晴れたり曇ったりだったためか、「晴れと曇りどちらにしますか?」と聞かれ、「晴れ」マークを選びました!
f:id:rgcocc:20190617204650j:plain

※この時(日曜日の13時頃)は30名ほど並んでいて、1時間20分ほどの待ちでした。平日でも結構並ぶらしいので、お時間にご注意を。この日の流れを見る限りでは、待ち人ひとりにつき2.5分ほどで予測するといいかもしれません。
※高円寺氷川神社の公式サイトに御朱印の対応日・時間なども書かれています。参拝時のご参考になさってください。→
"御朱印"ご希望の方へ | 高円寺氷川神社

<高円寺氷川神社>神社情報

【ご祭神】

氷川神社素戔嗚尊(すさのおのみこと)

気象神社八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)


【公式サイト】
koenji-hikawa.com


高円寺氷川神社でとても可愛い見開き御朱印をいただいた後は、徒歩で阿佐ヶ谷方面に向かい「馬橋稲荷神社」を目指しました。途中お寺に寄ったり、ゆっくり向かったので20分ぐらいかかりましたが、直接行けば15分ぐらいで到着すると思います。(阿佐ヶ谷駅からは徒歩10分ほど) 

<画像でご紹介〜神社の様子〜>
住宅街の中にとても立派な鳥居があらわれます。一の鳥居と社号碑です。
f:id:rgcocc:20190617222650j:plain

樹齢400年のヒバ材を用いているそう。
f:id:rgcocc:20190617222732j:plain


二の鳥居は双龍の鳥居です。龍が巻きついた鳥居は珍しく、品川神社(※品川神社参拝の記事は→こちら・高円寺内稲荷社とあわせて東京三鳥居と呼ばれています。
f:id:rgcocc:20190617223210j:plain

本当に素敵な鳥居です。
f:id:rgcocc:20190617223630j:plain

龍のパワーにあやかろうと鳥居に触れる参拝客もおられました。
f:id:rgcocc:20190617223309j:plain


清々しい参道を進みます。
f:id:rgcocc:20190617224128j:plain

三の鳥居がみえてきました。
f:id:rgcocc:20190617224159j:plain

三の鳥居をくぐると、左手に手水舎があります。
f:id:rgcocc:20190617224241j:plain

とても美しい手水舎。
f:id:rgcocc:20190617224422j:plain

こちらのお水は、地下50メートルから汲みあげる天然水だそう。
f:id:rgcocc:20190617224349j:plain


手水舎の先に「隋神門」。
f:id:rgcocc:20190617224601j:plain

由緒書きによると、この天井にある鈴(開運の鈴)は都内最大とのこと!
f:id:rgcocc:20190617224640j:plain


隋神門を抜けると、いよいよ正面に拝殿がみえてきます。
f:id:rgcocc:20190617225019j:plain

素晴らしい空気に満ちた、とても清々しい空間です。
f:id:rgcocc:20190617225139j:plain

本当にずっといたくなる空間で、一気に、「私的都内で大好きな神社」の上位にきました笑
f:id:rgcocc:20190617225224j:plain


神殿左手にある「厳島神社」。水神様や弁天様が合祀されています。
f:id:rgcocc:20190617225611j:plain

その奥に「稲荷社」があります。
f:id:rgcocc:20190617225808j:plain


こちらは「神楽殿(舞殿)」。
f:id:rgcocc:20190617225910j:plain


「斎霊殿」。戦没者や神社物故者などをお祀りしているそうです。
f:id:rgcocc:20190617230028j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>
隋神門をくぐって右手にある社務所でいただけます。
f:id:rgcocc:20190617212234j:plain

いただいた御朱印はこちら。
f:id:rgcocc:20190617212310j:plain

※初穂料は参百円以上お気持ちで、となっています。500円お納めしたところ、ご由緒書きをいただけました!
f:id:rgcocc:20190617220025j:plain

 

今回は以上となります。
氷川神社では、可愛らしい見開きの御朱印がいただけとても満足しましたし、
馬橋稲荷神社は、パワースポットとしての噂は見聞きしていましたが、本当に清々しく心地良い空間で、とても好きな神社のひとつとなりました。お参りすることができたご縁に感謝です♪
また、今回はいただきませんでしたが、御朱印帳もとてもステキなので、またお参りすることができた際にはぜひいただきたいと思います!

 

<馬橋稲荷神社>神社情報

【ご祭神】
■主神
宇迦之魂神(稲荷神社)
大麻等能豆神(御嶽神社

■相殿
伊弉册神(白山神社
美都波能賣神(水神社)
菅原道真朝臣(天神社)

【公式サイト】

www.mabashiinari.org

 

御朱印まっぷ】

神楽坂の赤城神社&飯田橋の東京大神宮にお参りしました〜!(東京都新宿区,千代田区)2019/6/9

東京メトロ東西線・神楽坂の駅からすぐ(都営大江戸線の「牛込神楽坂駅」からも徒歩8分ほど)にある「赤城神社」、そしてそこから徒歩で飯田橋の東京大神宮にお参りしました。

赤城神社は、敷地内におしゃれなカフェやマンションがあって、とても近代的な感じの神社です。御祭神は「磐筒雄命(いわつつおのみこと)」で、殖産興業、厄難消除、学問芸術のほか、火防の神とされています。映画などのヒット祈願に訪れる関係者もいらっしゃるそう!

また、縁結びなどのご利益で人気の東京のお伊勢様・東京大神宮は約1年ぶりの参拝でした。相変わらず多くの参拝客で賑わっていました。

 ※前回の「東京大神宮」参拝の記事は↓  

cocc-rg.hatenablog.jp

 

では早速!「赤城神社」のご紹介を〜。 

<画像でご紹介〜神社の様子〜>

神楽坂の一番出口を出るとすぐ!鳥居が見えてきます。
f:id:rgcocc:20190610193819j:plain


鳥居をくぐってすぐ左手に手水舎があります。

f:id:rgcocc:20190610193945j:plain

とても涼しげです♪
f:id:rgcocc:20190610194009j:plain


綺麗に整備された石段が見えてきます!
f:id:rgcocc:20190610194038j:plain


石段を上がって正面に拝殿があります。ガラス張りの近代的なデザインの建造物です。
f:id:rgcocc:20190610194107j:plain

拝殿の手前には境内社の「螢雪天神」さま。
f:id:rgcocc:20190610204449j:plain


また、見落としがちな場所ですが、拝殿左脇の階段を下った先には観音様がおられます。
f:id:rgcocc:20190610194251j:plain

さらにその先には「出世稲荷神社」「葵神社(東照宮)」「八耳神社」があります。
八耳神社は存じ上げませんでしたが、御祭神は「上宮之厩戸豊聰八耳命(うえのみやのうまやどのとよとやつみみのみこと)」ということで聖徳太子さまがお祀りされています!
f:id:rgcocc:20190610194332j:plain

f:id:rgcocc:20190610194401j:plain


境内には「あかぎカフェ」があります。お客さんも多かったのでお店のお写真をお撮りするのは控えましたが、とてもおしゃれなカフェです!
f:id:rgcocc:20190610194624j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>
拝殿右手の社務所でいただけます。
f:id:rgcocc:20190609212318j:plain

f:id:rgcocc:20190609212347j:plain

 

 

赤城神社>神社情報

【ご祭神】
「磐筒雄命」( いわつつおのみこと )
赤城姫命」( あかぎひめのみこと ) 

【公式サイト】

www.akagi-jinja.jp

 

次は徒歩で東京大神宮へ。赤城神社からは15分強歩きましたが、神楽坂を下りながら色々なお店などを見ながら楽しく移動できるので、意外とあっという間でしたよ! 

東京のお伊勢様・東京大神宮は、縁結びの神社としてとても人気ですよね!この日も多くの参拝客がいらっしゃいました。また、タイミングの良いことに結婚式が始まるところに居合わせました!「参進の儀」という新郎新婦が境内を歩いて神前に進んでいく場面を拝見することができ、なんだか嬉しい気持ちになりました!(写真はお撮りしていません…)

<画像でご紹介〜神社の様子〜>

神楽坂下の交差点辺りからは徒歩5〜6分で到着〜!
f:id:rgcocc:20190610201117j:plain


柄杓を使用しない、少し変わった手水舎があります。
f:id:rgcocc:20190610201230j:plain


手水舎の手前にある癒しスポットです!
f:id:rgcocc:20190610202101j:plain


また、今回はお参りだけしてお写真がありませんが、手水舎を後にして石段を上がると右手に境内社の「飯富稲荷神社」があります。ぜひあわせてお参りを〜。


拝殿です。だいぶ人の少ないタイミングでお写真を撮りましたが、こちらは本当にいつも多くの参拝客で賑わっていますね!
f:id:rgcocc:20190610202207j:plain


↓の画像は、ちょうど新郎新婦ご一行が社殿に入っていかれた直後の参拝客がいないタイミングを計って撮りました笑 巫女さんがお賽銭箱を元に戻しています。
f:id:rgcocc:20190610202352j:plain


<画像でご紹介御朱印〜>
拝殿左手の祈祷受付所でいただけます。
f:id:rgcocc:20190610202632j:plain

いただいた御朱印はこちら。
f:id:rgcocc:20190610202655j:plain


前回はなかった気がするのですが、参拝記念のステッカーがいただけました!
f:id:rgcocc:20190610202727j:plain

 

境内を出る手前に紫陽花が咲いていました。神社を出るときにちょうど雨が降り始めて、とても風情がありました。
f:id:rgcocc:20190610203640j:plain

f:id:rgcocc:20190610203716j:plain

 

<東京大神宮>神社情報

【ご祭神】
◎天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ) 

◎造化の三神(ぞうかのさんしん)
 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
 高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
 神産巣日神(かみむすびのかみ)

◎倭比賣命(やまとひめのみこと)

【公式サイト】

www.tokyodaijingu.or.jp

 

今回は以上です!
そういえば、東京大神宮はいつも境内でお茶と赤福がいただけたのですが、この日は赤福ではなく「わらび餅」でした。夏季限定なのかな〜と思いながら美味しくいただきましたよ!

また、この東京大神宮のあたりから神楽坂にかけては、「神楽坂若宮八幡神社」や、毘沙門天様をお祀りする「善國寺」、聖天さまをおまつりする「安養寺」などの寺社もあります。あわせて参拝してみてはいかがでしょうか!?

御朱印まっぷ】

【番外編】御朱印帳の保管用に桐箱を買ってみました〜!2019/6/6

※今回は番外編で御朱印自体の内容はありません。


御朱印をいただき始めて3年弱。
御朱印帳が増えてきたので、保管用の桐箱を用意してみました!
元々は棚に並べていたのですが、これからもどんどん増えるだろう(笑)と思い、箱に入れて保管することにしました。

今回購入したのは、千糸繍院さん(webサイト→刺繍縫工処 千糸繍院〜SENSHISHUIN〜)の15冊用の総桐箱です。

 

こんな感じで高級感があります!
プチプチ(緩衝材)に包まれた上でダンボールに梱包され、さらに購入したAmazonダンボールに入っているという万全な梱包で届きました。中には「桐箱について」という、桐箱の扱いやメンテナンスについての説明書きも入っており、とても丁寧な印象です。
金色の「御朱印帳」の文字も素敵ですね!
f:id:rgcocc:20190606184019j:plain

 

箱の内部です。木目がいいですね〜♪
f:id:rgcocc:20190606184101j:plain

 

収納してみました!これで14冊入っています。
(特に最近は)書置きの御朱印も多く御朱印帳自体が少しぶ厚くなっているのと、一部カバーをつけたままの御朱印帳もあるため、15冊は厳しかったです。
f:id:rgcocc:20190606184142j:plain


2列にして収納することも可能です。御朱印界隈(笑)で「大判サイズ」と言われる18cm×12cmの御朱印帳が好きなのですが、十分横に並べられました。
f:id:rgcocc:20190606185114j:plain


もちろん、バッチリ閉じられます。
f:id:rgcocc:20190606184329j:plain


こちらの桐箱御朱印帳ケース、とても気に入ったので、
また御朱印帳が増えてきたら同じものを追加したいと思います!