きゃりこんの御朱印ブログ

ご縁あって参拝させていただいた素晴らしい神社・仏閣(主に東京周辺が多いです)について綴ります。もちろん、個性豊かな御朱印も掲載!

「円覚寺の至宝(三井記念美術館)」で特別御朱印をいただきました〜♪2019/4/21

2019年4月20日〜6月23日まで三井記念美術館で開催中の"円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美"を観に行きました♪

こちらの展覧会、仏像などの展示に加え、日時は限られますが法話坐禅会・座談会のイベントも行われています。(4/21現在、坐禅は既に「満員につき、受付を終了しました。」となっています。)
また、イベント実施日のみなので注意が必要ですが、展覧会限定の特別朱印をいただくこともできます!
私は法話に興味があったので、早速4/21の法話を聴きにいきました♪


さて、三井記念美術館は、銀座線・半蔵門線の「三越前」駅のA7出口を出てすぐ。日本橋三井タワーの1階が美術館の入り口になっています。
f:id:rgcocc:20190421161055j:plain

この階段を上がって左に進むとエレベータがあり、7Fが三井記念美術館です。
オープン時間の10時には20名弱ぐらいの人が並んでいました。
f:id:rgcocc:20190421161015j:plain

エレベーターで7Fへ。エレベーターを降りて右手奥がチケットカウンターと入り口になっています。

冒頭で少し触れましたが、イベント開催日のみ、この展覧会限定の御朱印がいただけます(※下記パンフ画像にある通り、ワークショップ実施の日のみ)
この手の限定御朱印は書置だけかなぁと思いつつも、一応御朱印帳も持参していったところ、帳面に直接書いていただけました!一旦、御朱印帳を預けて、法話終了後に受け取りに行きました(チケットカウンターの左手に専用のデスクが用意されており、複数名の僧侶の方が対応しておられました)

f:id:rgcocc:20190421161623j:plain

 いただいた御朱印はこちら!
円覚寺を開山した無学祖元の諡「佛光国師」です。
f:id:rgcocc:20190421164027j:plain

f:id:rgcocc:20190421160124j:plain


ありがたい法話を聴き、御朱印もいただき、いよいよ展覧会へ。上野の国立博物館のように大きな会場ではありませんが、大好きな仏像もたくさん観ることができて満足のいく展覧会でした。中でも、片膝を立てる独特の座り方をした滝見観音菩薩遊戯坐像(清雲寺所蔵)や眼光の鋭い毘沙門天立像(清雲寺所蔵)、ちょっと可愛らしい韋駄天立像(浄智寺)などが印象に残っています。
また、全体的に衣の表現が優雅な仏像が多く、鎌倉エリアの特徴なのかな、などと思いながら拝見いたしました(典型的な法衣垂下像もありました)。

f:id:rgcocc:20190421160518j:plain

最後に、全然関係ないですが、開場よりもだいぶ早く着いたので1FにあるThe Mandarin Oriental Gourmet Shopでお茶して待機していました。こちらのクロワッサンは大変美味しかったです笑

f:id:rgcocc:20190421161037j:plain

 

さて、今回はここまで!
円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」は2019年6月23日まで開催しています。GW中の5/3〜5/6は連日、法話・座談会などのワークショップも実施されるようなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!?

 

【公式サイト】

www.mitsui-museum.jp

 

 

※以前(2018年8月)、「円覚寺」に参拝したときの記事は↓ 

cocc-rg.hatenablog.jp

神楽坂毘沙門天 善國寺に再訪しました〜♪(東京都新宿区)2019/4/16

ちょっと飯田橋に用があり、神楽坂毘沙門天 善國寺に立ち寄ってみました!
前回お参りした時はブログを始める前だったのもあって、お堂や境内の写真を撮っていませんでしたので、今回、何枚か撮らせていただきました〜♪

※前回の「善國寺」の記事は↓ 
(ブログを始めたのは2018年の5月以降。この記事も含め、それ以前の記事はリアルタイムで書いておらず参拝の記録程度で、画像もほぼ御朱印しか載せていないです…) 

cocc-rg.hatenablog.jp

 
さて、善國寺は「東京メトロ東西線 神楽坂」駅、「都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂」駅、「各線飯田橋」駅などから徒歩でアクセス可能。出口にもよりますが、いずれも5〜10分圏内で到着します。
今回は飯田橋から神楽坂を登って行きました♪ 神楽坂は和的おしゃれ(?)な感じの街で、お店も小洒落た感じのところが多いですね。特に、一本奥の裏路地に入ると、石畳のまぁ素敵な感じの小道になっていたり、ちょっと祇園っぽいというか、なんか優雅さのある街です。
 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

神楽坂下から行くと、坂を登り切ったあたりで左手に朱塗りの門が。
f:id:rgcocc:20190416213239j:plain

お堂もかっこいい!
f:id:rgcocc:20190416213346j:plain

境内には「浄行菩薩」さまがおわします。(そういえば、この浄行菩薩さま、法華経における四菩薩の一尊ということですが、柴又帝釈天にもおられましたね。)

f:id:rgcocc:20190416213545j:plain


お堂の右手には寺務所があり「総受付」と書かれた窓口があります。御朱印はこちらで。
f:id:rgcocc:20190416214544j:plain

お堂の並びに藤棚があります。この日(2019/4/16)はまだまだ咲き始めでしたので、見頃の時期にご縁があれば是非また行きたいです!
f:id:rgcocc:20190416214608j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

今回は拝受いたしませんでしたので、前回訪問時の御朱印画像を再掲。お堂の右手が寺務所になっており「総受付」でいただけます。

f:id:rgcocc:20190416214459j:plain

 

 

<善國寺>寺院情報

【宗派】
日蓮宗

【御本尊】
毘沙門天

【公式サイト】

www.kagurazaka-bishamonten.com

 

御朱印まっぷ】

養願寺<品川虚空蔵尊>の春季大祭護摩供に参列しました〜♪(東京都品川区)2019/4/13

毎月13日は智慧と福徳の仏さま・虚空蔵菩薩の御縁日ということで、品川区の京急新馬場駅のほど近くにある「養願寺」にお参りしました。約5ヶ月ぶりの参拝となります。前回お参りした時に、13日にはお護摩があるという張り紙を見ていつか来たい!と思っていましたが、今回うまく予定の空いている土日と重なり、思ったよりも早く2度目の参拝の機会をいただくことができました。これもご縁ですね〜٩(ˊᗜˋ*)و 
 

※前回の「養願寺」の記事は↓  
cocc-rg.hatenablog.jp


正式名称は「明鏡山善光院 養願寺」。京急の「新馬場駅」から徒歩3〜4分で到着します。
(↑の前回の記事にもありますが、この付近には品川成田山・一心寺や品川神社などの寺社もありますので、あわせて参拝するのもオススメです。また、私は未参拝ですが、ここから少し足を伸ばせば江戸六地蔵のひとつがある「品川寺〈ほんせんじ〉」もありますよ♪)
 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

さて、こちらが山門です。すぐ正面がご本堂です。
f:id:rgcocc:20190413192736j:plain

こちらが「本堂」。ピンクのお花が可愛らしく咲いていました。
堂内には、本尊・虚空蔵菩薩さまのほか、不動明王さまや荼枳尼天さま、また当然のごとくお厨子は閉じていましたが聖天さまなど多くの仏様がおられます。
f:id:rgcocc:20190413192947j:plain

f:id:rgcocc:20190413193014j:plain

 


<お護摩
この日の護摩供は14時開始で、私は20分ほど前に到着しましたが、既に何名も参列者がおられました。その後も続々と参列者が来られ、椅子が足りなくなって、お寺の方が座布団を用意されるほどで、堂内はいっぱいとなっていました!
護摩は開始から終了までおよそ40分程。天台・真言問わず不動明王さまをご本尊とするお護摩のほか、元三大師さまやお薬師さまのお護摩を拝見したことはありますが、虚空蔵菩薩のは初めてでとても新鮮でした。途中読まれるお経は「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五」や「般若心経」など、他のお護摩の際にもよく耳にするものもありました。
また、印を組んだりする所作や、後半に虚空蔵菩薩のご真言を繰り返しお唱えする部分が大変長いのが印象的で、何というか、すごく丁寧に拝まれている印象を受けました。(他の寺院で見るお護摩は概ね20~30分程度が多いので、養願寺のお護摩は若干長めかと思います。もちろん時間の長短が良い・悪いということではないと思います。)
護摩終了後にはお加持をお授けいただきました(∪´>‿<`)
とにかく、「また参列したい!」と思えるとても良い時間を過ごさせていただきました〜♪
さらに、帰りにお香までいただいちゃいました。ありがたや。。。

f:id:rgcocc:20190413223458j:plain

※なお、私は護摩木を納めましたが、お札をいただく祈祷の申し込みや護摩木をしなくても堂内でお護摩に参列できます。

<画像でご紹介御朱印〜>
本堂の窓口にていただきました。お護摩終了直後にも関わらず大変快くご対応いただきました。

f:id:rgcocc:20190413191556j:plain

 

この日(2019年4月13日)は大祭(&平成最後の御縁日!)ということもあってか、お堂がいっぱいになるぐらい多くの参列者がおられました(40人ぐらいはいたでしょうか??)。周りの方の話によると、いつになく参列者の数が多いようでした。
また、地元の方が多いようにお見受けしましたが、ご住職はじめお寺の方々は温かく迎え入れてくださるオープンでとても良い雰囲気のお寺です。
とにかく、とても良い参拝となりました。またご縁がありましたら、ぜひお参りしたいと思います!

最後に、養願寺の2019年の年間行事の一覧をいただきましたので掲載します。参拝の参考にしてみてはいかがでしょうか!?

f:id:rgcocc:20190413195115j:plain

 

養願寺>寺院情報

【宗派】
天台宗

【御本尊】
虚空蔵菩薩

【公式サイト等】

www.tendaitokyo.jp

 

御朱印まっぷ】

如意山 常樂寺 宝珠院(名古屋市中川区)2019/3/31

名古屋市内にある「宝珠院」にお参りしました。
宝珠院は天平時代の729年に泰澄大師により開創ということで、なんと約1300年という歴史のある古刹です!
地下鉄東山線の「高畑」駅から徒歩7〜8分で行くことができます。

満開手前ぐらいの桜を眺めながらお寺に到着。f:id:rgcocc:20190406102921j:plain

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

「仁王門」です。
f:id:rgcocc:20190406095712j:plain

ピントが手前の網になっちゃっていますが…
f:id:rgcocc:20190406095854j:plain
f:id:rgcocc:20190406095925j:plain


仁王門を入ると右手に「仏足石」。
f:id:rgcocc:20190406100107j:plain


仁王門の正面に「本堂」があります。
御朱印をお願いしてお待ちする間、本堂に上がらせていただけました٩(ˊᗜˋ*)و
御本尊は薬師如来(少し遠くてはっきり見えませんでしたが、秘仏?なのか、厨子の扉は閉じておられるように見えました。)
また、なごや七福神のひとつということで、「大黒天」さまもおられます。少し大きめの大黒さまで楠の一木ということです。そのほかにも、宝珠院を開創された泰澄大師像や、不動明王さまをはじめとする五大明王像、弁財天さまもおられ、多くの仏様を拝むことができます!
f:id:rgcocc:20190406100202j:plain

f:id:rgcocc:20190406184548j:plain

 

本堂の前には、「水かけ不動」さまがおられます。
f:id:rgcocc:20190406102302j:plain

そのならびに七福神。ちょっとかわいらしいですね!
f:id:rgcocc:20190406102332j:plain


こちらは境内の「鐘楼堂」。
f:id:rgcocc:20190406101649j:plain

檀信徒会館の前に「修行大師」。やや厳しいお顔ですね。f:id:rgcocc:20190406102550j:plain

ちょっとした庭園にもなっています。
f:id:rgcocc:20190406101724j:plain

少し引いたアングルです。
f:id:rgcocc:20190406101755j:plain


「客殿」です。お地蔵さまもおられます。桜もいい感じでしたね〜!
f:id:rgcocc:20190406101911j:plain

f:id:rgcocc:20190406184453j:plain

 

客殿の手前には、「興教大師」さまと「摩尼車」。
f:id:rgcocc:20190406102029j:plain


最初にお載せした仁王門とは別に「山門」があります。こちらから入ると客殿が正面にあります。(仁王門から入ると正面が本堂)
f:id:rgcocc:20190406102501j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

本堂左手の授与所で3種の御朱印を拝受いたしました。「朱印受付所」と貼ってあり安心してお願いできます笑
f:id:rgcocc:20190406091946p:plain

御本尊「薬師如来」さま。
f:id:rgcocc:20190406092725j:plain

なごや七福神「大黒天」さま
f:id:rgcocc:20190406092841j:plain


東海三十六不動尊不動明王」さま。f:id:rgcocc:20190406093112j:plain

御御影もあわせていただきました。

f:id:rgcocc:20190406094851j:plain

※今回は拝受いたしませんでしたが、宝珠院は「名古屋三弘法」「名古屋二十一大師」のひとつとなっているので、弘法大師さまの御朱印もいただけると思います。 

 

<宝珠院>寺院情報

【宗派】
真言宗智山派

【御本尊】
薬師瑠璃光如来

【別尊】
地蔵大菩薩
大聖不動明王
大黒天
その他

御朱印まっぷ】

奈良/京都(南山城) お寺めぐり♪ part.4<浄瑠璃寺(九体寺)>(京都府木津川市)2019/3/30

奈良/京都(南山城) お寺めぐりも最後になりました。
アジサイの名所「岩船寺」を後にし、同じ南山城エリアにある「浄瑠璃寺」に参りました。岩船寺から浄瑠璃寺をGooglemapで調べると徒歩37分…ちょっと徒歩は厳しいですかね〜)
 

<この日巡ったルート>

「白毫寺」→「般若寺(奈良)」→「岩船寺(京都)」→浄瑠璃寺(京都)」です。

※前回の「岩船寺」の記事は↓  

cocc-rg.hatenablog.jp

 
浄瑠璃寺」は創建時の御本尊がお薬師さまだったことからその名がついたとされています(浄土もいくつかあって、阿弥陀如来西方極楽浄土薬師如来の東方浄瑠璃浄土などがあるそう)。こちらも本日巡った他の3ヶ寺と同じく真言律宗のお寺で、何と言っても九体阿弥陀さまや秘仏吉祥天女さまが有名ですね!

 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

お花を眺めながら山門に向かいます。このとき結構雨が強くなっていましたが、こう見ると風流で良いですね〜。

f:id:rgcocc:20190404230733j:plain


「山門」に到着。

f:id:rgcocc:20190404230933j:plain

 

山門の脇に案内があります。

f:id:rgcocc:20190404230958j:plain


ここでちょっとパンフレットの境内図を拝借。
このように、浄瑠璃寺は池を中央に、東に薬師(三重塔)、西に阿弥陀(本堂)が安置されています。本堂の阿弥陀さまは東側を向いているので、三重塔側「此岸」から本堂側「彼岸」の阿弥陀さまを拝めるようになっています。意味合いとしては、西方浄土へ迎えてくださる阿弥陀さまを現世から拝む、というイメージです。

f:id:rgcocc:20190404232902j:plain

 

で、こちらが国宝「本堂」の入堂受付になります。(↑の境内図では、「本堂」の左上にL字型に飛び出ているところです。)御朱印もこちらでいただけます!

f:id:rgcocc:20190404231111j:plain


本堂の外観です。
こちらには国宝の九体阿弥陀如来像がおられます。2019年3月30日時点では、二体が修復中でおられませんでした(ご住職曰く「入院中」とのこと笑)。横長のお堂にずらっとならぶ阿弥陀さまは本当に圧巻です!
また、人気の高い「吉祥天女」さまもちょうどご開扉期間で拝むことができました。何度も写真などで見たことはありましたが、想像していたよりも大きく、噂通りに美しい天女像でした。
その他、国宝の四天王像も素晴らしかったですし持国天増長天のみ。多聞天広目天は博物館に出張中。)、何より私的に釘付けになったのが、元護摩堂の御本尊だったという不動明王三尊。大変力強い表情で、何か惹きつけられるお不動さまでした。

f:id:rgcocc:20190404231319j:plain

本堂側から見た苑池の中島です。奥には三重塔。

f:id:rgcocc:20190405225211j:plain

f:id:rgcocc:20190405232413j:plain

f:id:rgcocc:20190404231250j:plain

 
こちらが「三重塔」。秘仏薬師如来さまがおられ、毎月8日などに開扉されているようです。

f:id:rgcocc:20190405225057j:plain

三重塔から見た本堂です。此岸から阿弥陀さまを拝むのはこのポジションです笑

f:id:rgcocc:20190404234716j:plain

 

帰り道もちょっとしたお花見ができました!

f:id:rgcocc:20190405225126j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

 本堂への入堂受付が「御朱印所」となっており、「九体佛」の御朱印がいただけます。

f:id:rgcocc:20190403222536j:plain


※ちなみに、東京の九体阿弥陀といえば、世田谷の「九品仏」浄真寺。そちらは、上品・中本・下品の三つお堂があり、それぞれに三体ずつの阿弥陀さまがおられる形でした。また、浄真寺ではそれぞれ違う印を結んでおられましたが、浄瑠璃寺では、中央におられる中尊以外は、同じ阿弥陀定印を結んでいらっしゃいました。 

九品仏「浄真寺」の記事は↓ 

cocc-rg.hatenablog.jp

  

浄瑠璃寺>寺院情報

【宗派】
真言律宗

【御本尊】
九体阿弥陀如来(根本本尊薬師如来

【参考サイト】木津川市観光協会オフィシャルサイト内 神社仏閣一覧>浄瑠璃寺

0774.or.jp

 

「白毫寺」から「浄瑠璃寺」までの、奈良・京都への弾丸旅行4ヶ寺めぐりは今回で終了です。バスツアーだったのもあり、思ったように自由に時間を使えない難しさはありました(基本的に時間が足りない)が、個人的にはとても良い工程で、どのお寺も印象的で良い参拝・見仏ができました!どこのお寺もまた行きたいと本当に思いますが、強いて何かひとつだけ挙げなければいけないとすると、浄瑠璃寺本堂におられたお不動さまをもう一度拝見したいですかね〜。

2019年のGWは10連休!候補のひとつとしてこのエリアの寺社巡りをしてみてはいかがでしょうか!?

ではまた次回。

f:id:rgcocc:20190405231326j:plain

 

御朱印まっぷ】