きゃりこんの御朱印ブログ

ご縁あって参拝させていただいた素晴らしい神社・仏閣(主に東京周辺が多いです)について綴ります。もちろん、個性豊かな御朱印も掲載!

<日本橋七福神>笠間稲荷神社東京別社と末廣神社にお参りしました(東京都中央区)2020/3/22

久しぶりのブログ更新となってしまいました…^_^;

この日は日本橋人形町をぶらり♪日本橋七福神の対象となっている神社二社「笠間稲荷神社 東京別社」と「末廣神社」にお参りしました!七福神では、笠間稲荷神社東京別社は寿老神、末廣神社毘沙門天の神社となっています。

※以前に人形町近辺を巡ったときの記事は↓

 
さて、早速境内のご紹介を。
まずは「笠間稲荷神社 東京別社」です。本社の笠間稲荷神社は日本三大稲荷に数えられる茨城県の神社です。笠間藩主の牧野家が信仰してきた神社で、東京別社は牧野家の下屋敷に御分霊をお祀りしたしたのが始まりということです。

<画像でご紹介〜神社の様子〜>

▼最寄りの駅は都営新宿線浜町駅で、徒歩3〜4分で到着します。こちらは北西側の入り口です。
f:id:rgcocc:20200323210528j:plain


▼こちらは東側の社殿正面の鳥居です。
f:id:rgcocc:20200323210554j:plain


▼手水舎で身を清めます。
f:id:rgcocc:20200323210623j:plain


▼エンジ色の社殿が特徴的です♪
f:id:rgcocc:20200323210646j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

▼社殿左手の社務所でいただけます。
f:id:rgcocc:20200323210410j:plain


▼「笠間稲荷神社」。この他に、七福神の「寿老神」の御朱印もいただけます。
f:id:rgcocc:20200323210337j:plain

笠間稲荷神社東京別社>神社情報

【ご祭神】

宇迦之御魂神

【公式サイト】

www.kasama.or.jp

 
Twitterは↓↓↓

twitter.com

 

笠間稲荷神社を後に、次は同じく日本橋七福神の神社「末廣神社」に向かいました。
人形町駅方面に向かって、徒歩3分程度で到着します。 

<画像でご紹介〜神社の様子〜>

▼こちらが神社の正面です。幟に「元吉原総鎮守」とありますが、以前はこの辺りにあった遊郭の吉原の総鎮守社として信仰されていたようです。
f:id:rgcocc:20200323205907j:plain


▼手水舎です。
f:id:rgcocc:20200323205929j:plain


▼社殿手前のご神木には小さなかわいらしい鳥居などがありました。
f:id:rgcocc:20200323210009j:plain


▼こちらが社殿。画像では見づらいですが、鍾馗(しょうき)像という悪疫除け・魔除けの神様がお飾りされていました。
f:id:rgcocc:20200323210205j:plain


▼「鎮花祭(はなしずめまつり)」というそうです。現在のコロナの流行の中、さらにこの日にピンポイントでお参りできたのはどことなくご縁を感じました。
f:id:rgcocc:20200323210237j:plain


▼おまけ。灯篭に可愛い猫ちゃんがおられましたよ♪
f:id:rgcocc:20200323210034j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

▼「末廣神社」。社殿右手の授与窓口でいただけます。
f:id:rgcocc:20200323205754j:plain


七福神の「毘沙門天」もいただきました。
f:id:rgcocc:20200323205831j:plain


末廣神社>神社情報

【ご祭神】

倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
武甕槌命(たけみかづちのみこと)

【公式サイト等】

www.tokyo-jinjacho.or.jp

 

御朱印まっぷ】

深川不動堂で開運出世稲荷例大祭に参列しました(東京都江東区)2020/2/15

毎年2月15日、深川不動堂にある開運出世稲荷では例大祭が行われています。
2020年の今回、初めて例大祭に参列させていただきましたー(*´∀`*)


<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

深川不動堂の境内にある深川開運出世稲荷社。吒枳尼天さまがお祀りされています。
f:id:rgcocc:20200215142832j:plain

 
▼法要には大変多くの方が参列しておられました。稲荷信仰の強さを感じますね。
f:id:rgcocc:20200215143041j:plain


▼法要後は、初詣のように多くの人が並んでおられました。
f:id:rgcocc:20200215143958j:plain

f:id:rgcocc:20200215143418j:plain


▼参拝後、開運御守をいただくことができました。ありがたい〜m(__)m
f:id:rgcocc:20200215144043j:plain

f:id:rgcocc:20200215144110j:plain

 

<画像でご紹介御朱印〜>

例大祭の特別朱印が2月限定で拝受できます(書置き)。※画像の御朱印は前回参拝時にいただいたもの
f:id:rgcocc:20200209114607j:plain


▼ご縁日でもありましたので、お不動様の御朱印もいただきました。
f:id:rgcocc:20200215142413j:plain
 

今回は以上です。
深川開運出世稲荷は、本山である成田山新勝寺の出世稲荷のご分霊を勧請したものです。つい先日、新勝寺に参拝したばかりなのもありご縁を感じました♪

※以前の「深川不動堂」参拝の記事は↓   


深川不動堂>寺院情報

【宗派】
真言宗智山派

【御本尊】
不動明王

【公式サイト】 

www.fukagawafudou.gr.jp

御朱印まっぷ】

成田山新勝寺にお参りしましたpart.2〜光明堂_醫王殿_平和の大塔エリア(千葉県成田市)2020/2/11

成田山新勝寺の参拝記事第2弾!
前回は、大本堂や出世稲荷社、釈迦堂などのご紹介をいたしました。

 ※前回の記事は↓  

cocc-rg.hatenablog.jp

 

今回は、大本堂の後方のエリアに向かいます。
良縁祈願などでとても人気のある愛染明王のおわす光明堂や、薬師如来のおわす新しい醫王殿、大きな五大明王がおられる平和の大塔などをご紹介していきます!

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼大本堂の後方にある階段を登って平和の大塔の方面に移動。不動明王を表す剣と二童子がおわします。
f:id:rgcocc:20200215151745j:plain

 

▼少し進むと「開山堂」があります。こちらには新勝寺を開基された寛朝大僧正が祀られています。
f:id:rgcocc:20200215150558j:plain


▼開山堂の向かい側に「額堂」があります。1861年建立と歴史ある建物です。額や絵馬などが奉納されています。また、七代目市川團十郎が寄進された石像もあります。
f:id:rgcocc:20200215150619j:plain

 

▼額堂の裏側には「天満宮」があります。御祭神はもちろん菅原道真公!
f:id:rgcocc:20200215151627j:plain


▼春の気配が!
f:id:rgcocc:20200215151647j:plain


天満宮の並びに「朝日観音堂」。
f:id:rgcocc:20200215151703j:plain

 

▼額堂の並びに「白山明神」「金毘羅大権現」「今宮神社」の三社があります。
f:id:rgcocc:20200215150930j:plain

 

▼その先には「光明堂」があります。釈迦堂の前に本堂だった建物で、1701年建立。堂内には、大日如来不動明王愛染明王が祀られています。
f:id:rgcocc:20200216205932j:plain

f:id:rgcocc:20200215150706j:plain


▼光明堂の裏手には奥之院があり、毎年、7月上旬に行われる祇園会の際には開扉されています。この洞窟の奥には大日如来がお祀りされています。
f:id:rgcocc:20200215150751j:plain

 

<画像でご紹介〜光明堂でいただける御朱印〜>

▼「大日如来」。堂内でいただけます。
f:id:rgcocc:20200215150818j:plain

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼光明堂を出ると「清瀧権現堂・妙見宮」があります。清瀧は、龍の女神で如意輪観音准胝観音の化身だそう。この清瀧権現さまと、地主神である妙見さまがお祀りされており、この地を鎮守しておられるということでしょうか。
f:id:rgcocc:20200215150950j:plain


▼1732年建立、1858年に修理とありますが、彩色が美しいですね!
f:id:rgcocc:20200215151011j:plain


清瀧権現堂・妙見宮をあとに醫王殿へ!醫王殿の前にも手水舎があります。
f:id:rgcocc:20200215151053j:plain


▼波紋がキレイでした♪
f:id:rgcocc:20200215151116j:plain


▼こちらが2017年に建立された「醫王殿」。
f:id:rgcocc:20200215151141j:plain


▼真新しいお堂内には、薬師三尊と十二神将がお祀りされています。また、参拝した時にちょうど祈願をされている方がおられ、拝見させていただくことができました。オンコロコロセンダリマトウギソワカ
f:id:rgcocc:20200215151200j:plain

  

<画像でご紹介〜醫王殿でいただける御朱印〜>

▼「薬師如来」。お堂内でいただけます。
f:id:rgcocc:20200215151222j:plain

 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼醫王殿の並びに、平和の大塔があります。
f:id:rgcocc:20200215151257j:plain


▼どーんと!平和の大塔の一階には写経道場や成田山の歴史の展示などがあります。二階は明王殿になっており、不動明王をはじめとする大きな五大明王像がおられます。
f:id:rgcocc:20200215151417j:plain


▼正面の石段の下からの一枚です♪
f:id:rgcocc:20200215151436j:plain


▼平和の大塔の下には西洋庭園。
f:id:rgcocc:20200215151455j:plain


▼醫王殿と平和の大塔。
f:id:rgcocc:20200215151515j:plain  

<画像でご紹介〜平和の大塔でいただける御朱印〜>

不動明王を表す梵字で「流れカンマン」といわれるもの。大塔の一階でいただけます。
f:id:rgcocc:20200215151554j:plain
 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼帰る途中、仁王門の少し東側にある「開運地蔵尊」にもお参りしました。
f:id:rgcocc:20200215214413j:plain


▼こちらは「阿弥陀堂」。
f:id:rgcocc:20200215151827j:plain


▼総門の近くにある「弁財天堂」。右手側の案内に書いてありますが、成田山境内では最古の建築物だそう。
f:id:rgcocc:20200215151845j:plain

f:id:rgcocc:20200215151905j:plain


▼最後に「大師堂」です。
f:id:rgcocc:20200215151925j:plain

 

<画像でご紹介〜成田山新勝寺御朱印〜>

▼今回はご朱印帳もいただきました。
※サイズ→縦×横:約18cm×約12cm(大判と言われるサイズ) カラー→こちらの赤のほか、ピンクと紺色あり
f:id:rgcocc:20200215215453j:plain

f:id:rgcocc:20200215215741j:plain

 

成田山新勝寺参拝の記事は以上です。
今回は天気にも恵まれ、とても気持ちいい参拝となりました。ありがたいことです。また、前回お参りした時にはまだ造っている途中だった醫王殿にも参拝することができましたし、大本堂でのお護摩、大塔の五大明王、釈迦堂の仏像などなど、大満足の参拝となりました!

成田山新勝寺>寺院情報

【宗派】

真言宗智山派

【御本尊】

不動明王

【公式サイト】

www.naritasan.or.jp

 

御朱印まっぷ】

成田山新勝寺にお参りしましたpart.1〜本堂_出世稲荷_釈迦堂エリア(千葉県成田市)2020/2/11

言わずと知れた千葉の成田山新勝寺
大変多くの参拝客が訪れ、初詣の参拝客数は300万人以上という、全国トップクラスの寺院です!
新勝寺は、真言宗智山派の寺院で、ご本尊は弘法大師が自ら敬刻開眼したという不動明王

また、歌舞伎の市川家とゆかりがあることでも有名ですね。「成田屋!」。
後継になかなか恵まれなかった初代市川團十郎が子授けを祈願したところ、見事待望の長男を授かったということを始めとして、市川家の成田不動信仰は代々続いているということです。

さて、それでは、境内のご紹介を〜。
新勝寺の境内はとても広く、お堂もたくさんありますので、2回に分けて記事を書いていきたいと思います!

<境内図〜パンフレットより〜>

▼今回の記事では、旧本堂である「薬師堂」(下記マップの左下)から「参道」を通って、「総門」「仁王門」「大本堂」「出世稲荷」「釈迦堂」などをご紹介していきます。
f:id:rgcocc:20200213205809j:plain

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

成田駅から徒歩10分弱で「薬師堂」に到着。
f:id:rgcocc:20200213210727j:plain


▼手水舎で身を清めましょう。
f:id:rgcocc:20200213210751j:plain


▼薬師堂は、1655年に建立された旧本堂で、成田山現存最古のお堂だそう。
f:id:rgcocc:20200213210812j:plain


▼薬師堂を後に、参道を進みます。休日とは言え、朝9時頃はまだ人出が少ないですね。
f:id:rgcocc:20200213211009j:plain


▼うなぎで有名な「川豊」さんも開店前です。
f:id:rgcocc:20200213211115j:plain


▼いよいよ「総門」に到着。大きい〜!
f:id:rgcocc:20200213211203j:plain


▼楼上には八体の生まれ歳守り本尊が安置されているそうです。拝見したいものです。
f:id:rgcocc:20200213211239j:plain


▼総門を抜けると仁王門の右手前に手水舎があります。
f:id:rgcocc:20200213212131j:plain


▼こちらが「仁王門」。重文です。
f:id:rgcocc:20200213212151j:plain


▼中央の大きな提灯には「魚がし」と書かれています(説明見るまで読めませんでしたが笑)
f:id:rgcocc:20200213212354j:plain


▼提灯の下には龍が!
f:id:rgcocc:20200213212500j:plain


▼境内側からの仁王門。
f:id:rgcocc:20200213212535j:plain


▼仁王門を越えて、本堂に向かう石段の右側の画像です。新勝寺にはたくさんのお不動さんがおられますが、こちらにも!(画像中央にある木の左側にたっておられます。)
f:id:rgcocc:20200213213316j:plain


▼こちらは石段の左側。この先には「こわれ不動堂」があります。
f:id:rgcocc:20200213213433j:plain


▼このお堂は、何度修復しても壊れるのだとか。
f:id:rgcocc:20200213213546j:plain



▼いよいよ「大本堂」です!
f:id:rgcocc:20200213213629j:plain


▼とにかく大きいですね!
f:id:rgcocc:20200213213658j:plain


▼この大本堂にご本尊の不動明王がおわします。また、お護摩祈祷もこちらで行われており、この日もありがたく参列させていただきました。とにかくお経を読むのが早い(早口)のが印象的でした笑
f:id:rgcocc:20200213213723j:plain

  

<画像でご紹介〜大本堂でいただける御朱印〜>

▼「不動明王」。大本堂内の右手奥で拝受できます。
f:id:rgcocc:20200213214052j:plain

 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼次は境内の西側にある「出世稲荷」さんです。
f:id:rgcocc:20200213214309j:plain


▼石段の先にお堂があります。
f:id:rgcocc:20200213214339j:plain

  

▼出世稲荷側からの境内の眺め。広々として、とても気持ち良い眺めです!
f:id:rgcocc:20200213214841j:plain

 

<画像でご紹介〜出世稲荷でいただける御朱印〜>

▼お堂の手前にある社務所でいただけます。
f:id:rgcocc:20200213214435j:plain

▼「吒枳尼天尊」。
f:id:rgcocc:20200213214521j:plain

※前回参拝した時は、こちらの出世稲荷さんだけ時間の関係で御朱印がいただけなかったので、今回はとてもありがたく拝受いたしました。うれし〜!
 

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼出世稲荷から本堂側に下ったあたりに「釈迦堂」があります。ここにも手水舎。
f:id:rgcocc:20200213215414j:plain


▼こちらが「釈迦堂」です。かつての本堂だった建物で、1858年に建立された歴史を感じるお堂です。
f:id:rgcocc:20200213215442j:plain

▼堂内には、釈迦・普賢・文殊の三尊に加え、千手菩薩・弥勒菩薩さまがおられ、仏像も見応えがあるお堂となっていますよ!
f:id:rgcocc:20200213215524j:plain  

<画像でご紹介〜釈迦堂でいただける御朱印〜>

▼「釈迦如来」。お堂の右手側でいただけます。
f:id:rgcocc:20200213215727j:plain

  

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼釈迦堂の並びに、「聖天堂」があります。大聖歓喜天秘仏)がお祀りされています。お賽銭箱の前にシンボルの大根が捧げられていました。
f:id:rgcocc:20200213215828j:plain


▼順不同となりますが、大本堂の前には「三重塔」があります。
f:id:rgcocc:20200213220108j:plain


▼彩色がすごいです!カラフル!
f:id:rgcocc:20200213220201j:plain

f:id:rgcocc:20200213220223j:plain



▼大本堂に向かって右手奥に「聖徳太子堂」があります。堂内には聖徳太子のお像が安置されています。
f:id:rgcocc:20200213220455j:plain


▼「一切経堂」と「鐘楼」です。三重塔の手前にあります。
f:id:rgcocc:20200213220635j:plain


▼大本堂の裏手には、五大明王像や童子像など多くのお像があります。
f:id:rgcocc:20200213220748j:plain


f:id:rgcocc:20200213220820j:plain

 

だいぶ長くなってきましたので、前半の記事はここまで。次回は光明堂や2017年に建立された醫王殿、大きな五大明王がおわす平和の大塔などをご紹介します〜!

成田山新勝寺>寺院情報

【宗派】

真言宗智山派

【御本尊】

不動明王

【公式サイト】

www.naritasan.or.jp

 

御朱印まっぷ】

令和2年2月2日はいつもの深川不動堂へお参りしました(東京都江東区)2020/2/2

令和2年2月2日。
寺社巡りや御朱印がお好きな方にとって、「2」が並ぶこの日はどちらの寺社にお参りしようか悩まれた方も多いのではないでしょうか!?
私はいつもお参りしている深川不動さんへ参りました( ´ ▽ ` )ノ 

※以前の「深川不動」参拝の記事は↓   

 
この日は節分の前日ということもあり、豆まきの準備が行われていましたよ〜。

<画像でご紹介〜お寺の様子〜>

▼手水と合わせてこちらで身を清めます。
f:id:rgcocc:20200209114323j:plain

 

▼歴史を感じる旧本堂(右側)と、梵字をあしらった斬新なデザインの新本堂(左側)。
f:id:rgcocc:20200209133535j:plain


▼境内では豆まきの準備が。
f:id:rgcocc:20200209114036j:plain


成田山新勝寺からの御分霊をお祀りしている「深川開運出世稲荷」があり、毎年2月15日には例大祭が行われています。
f:id:rgcocc:20200209114108j:plain


▼以下は以前(2019年5月)撮影した全体の画像です。
f:id:rgcocc:20200209114225j:plain

  

<画像でご紹介御朱印〜>

▼令和二年二月二日。ギリギリ「新春」のお不動さま印が押されています。
f:id:rgcocc:20200209114450j:plain


例大祭にともない、吒枳尼天尊さまの御朱印もいただけました(書置き)。
f:id:rgcocc:20200209114607j:plain

 

深川不動堂>寺院情報

【宗派】
真言宗智山派

【御本尊】
不動明王

【公式サイト】 

www.fukagawafudou.gr.jp

御朱印まっぷ】